カジノ産業は、ここ10年間で2つのタイプに分けられるようになりました。実店舗型のカジノ産業と、オンラインでのカジノ産業です。我が国日本は、ギャンブル人気が高い国の一つとされていますが、一方でやはり禁止事項も存在しています。では、現在の状況はどうなのでしょうか?一般人もカジノを利用できるのでしょうか?それともまだ利用できないのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

まず、日本において合法的にギャンブルする方法はいくつかありますが、そのいずれもがカジノでできるものではありません。カジノでプレイできるゲームには、ポーカーやブラックジャック、バカラなどのカードゲームとルーレット、スロットマシーンなどがありますが、日本にはまだ存在しません。日本では、宝くじや様々なレースでの賭けもあり、パチンコ店が合法のギャンブルです。では、好きなときにいつでも行けるカジノはあるのでしょうか?

この答えは、依然として「ノー」です。少なくとも法律的には…です。違法な実店舗型のカジノが存在するかどうかはわかりませんが、オンラインの分野では状況は大きく異なります。海外のブックメーカーやカジノのウェブサイトは世界中のどこでも利用可能なのです。

つまり、オンラインカジノが禁止されている国である日本でも、VPNを使用すれば利用できます。もし日本政府が逮捕したいと思っても、法に反してオンラインでギャンブルをする人達は、間違いなく新たな抜け道を見つけ出すでしょう。こうしたことからも、日本でのカジノ産業が近い将来現実のものとなる可能性はあるのではないでしょうか?確かではありませんが、実店舗型のカジノよりは望みがあることは間違いありません。 

規制の変化

近頃では、日本でカジノを合法とするか否かについての議論が多くなされており、多くの熱烈なギャンブラー達は合法化される日を心待ちにしています。そういった人達にとっては残念なことに、うわさは絶えず変化しています。ある日には、カジノが実現するという情報が聞こえてくることもあれば、別の日には、決して許可がおりることはないと言われることもあります。 

いずれにせよ、本物の豪華なカジノに行きたいのであれば、中国のマカオに行ってギャンブル天国を楽しむのがよいでしょう。アメリカのラスベガスも壮大でおすすめです。カジノ産業が発展するまでは、日本には選択肢はほとんどありません。ですが、ギャンブルするなら節度を持つことです。くれぐれもお金を大切に!